スポンサーリンク

【戦場!】映画アローン 地雷の恐怖を描いたサバイバル作品!!

映画ALONEのジャケット写真 映画紹介!
スポンサーリンク

ようこそ!!

 

さて、早速ですが戦争モノや戦場が舞台の映画ってメッチャありますよね!

 

ここでは戦争映画と同じ位置づけなんですが

 

また違った視点で描いた、2018年公開の映画

 

ALONE(アローン)

 

をご紹介していきます!!

 

どうもボケなすです!  

いぜん某テーマパークのキャストとして

映画業界で働いていた経験を活かして、少し独自の偏見も入りますが、

映画関連の情報を変わった切り口で紹介するのと

まだ観たことないあなたでも「観たくなった!!」

と思ってもらえるような事を発信していきますね!

 

スポンサーリンク

【映画】ALONEアローンについて

映画ALONEのジャケット写真
一歩踏み出して死ぬか、このまま死ぬか- 誰もいない、何もない砂漠で地雷を踏み、一歩も動けない状況に取り残された兵士救援までの52時間。アーミー・ハマー(「君の名前で僕を呼んで」)主演でおくる、極限のサバイバル・ワン・シチュエーション・スリラー誕生!

 

映画アローンは2018年公開の

 

アメリカ・スペイン・イタリア3か国が制作した

 

ドキドキ感満載のアクションスリラー!

 

なお撮影は大西洋にある

 

カナリア諸島にあるフエルテベントゥラ島で撮影されている。

タイトルの意味は?

そもそもタイトルのALONEって

 

どんな意味?って思わなかったですか??

 

実は、

 

「ただひとりで」「孤独で」「単独で」

 

など

 

シングルシチュエーションに持ってこい!な意味なんですね~

 

映画の内容ともマッチしていて

 

どんな結末なのか想像をかき立てられませんかw?

 

ジャケットとの相性も良い感じで

 

戦場系好きなら

 

これだけで手を伸ばしたくなるでしょう!

 

英題はALONEじゃない?

実はALONEはではなく

「Mine」

とタイトルなのですよw

 

他の映画もなかなか英題って聞いたこともないですよね、私もそうでした・・・

 

「Mine」の意味とは

もともと地雷を英語で

「land mine」

と呼ばれているので

タイトルはいたってシンプル!な感じw

 

さらに!

「私のもの」「私の家族」「私の」

 

って意味も一般的みたいw

 

なんでこの映画では「Mine」の意味とはもちろん、地雷の意味は込められていますが

 

「私の家族」「私の」などの意味合いでも通用するような内容になっているので

 

この映画を観終えた後ならなんとなく、それがわかるかもです!

 

一歩踏み出せるか

白煙の中から出てくる二人の兵士が銃を構えている写真

 

ジャケットはメッチャ緊張感あって

 

面白そう!!って

 

思ったんですが、

 

その気になる内容は??

 

ストーリー

米軍のスナイパーである主人公マイクと

 

その相棒でスポッター(目標や距離を指示する)のトミーが

 

テロリストの狙撃任務に失敗するところから始まって

 

その後、テロリストの追撃から逃げるため歩いて5時間の距離にある村に避難することに

 

村まで行って救助部隊を待つ、単純な任務だったはずが・・・

 

その村までの道には、3000万個以上の地雷が埋められた”地雷原”が待っていた。

 

そんな事は知らない二人は、地雷原に入ってしまい相棒のトミーが犠牲に・・・

 

一人残されたマイクの足元から、

 

カチッ

 

と地雷を踏んでしまった音に気付く・・・

 

ここで地雷についての解説!
 
地雷が爆発する仕組みとは?

地雷とは、地面に埋めたり上に置いておくことで

その上に乗り物や人が乗ったり踏んだりして接触してしまうと爆発する爆弾のこと。

色んな種類の地雷がありますが、一定の重量を加えると爆発する圧力式地雷ってのが一般的で世界に埋められた数が一番多いタイプになっています。

 

マイクやトミーが踏んでしまったのもこのタイプで、

一定の圧力がかかり、その圧力の変化でトミーは爆発してしまったんですね・・・

 

しかしマイクは踏んだままで圧力変化しなかった(地雷から足を移動するなど)ので

 

爆発しませんでした。

 

ただ、

 

それでも足元に爆弾があることには変わりはないので

 

生きてる感じはしないんでしょうが・・・

 

と、少し話がそれましたが肝心のストーリーに戻りますねw

 

ストーリー 後編

地雷を踏んでしまった絶体絶命のマイクは、救助を要請しますが

 

なんと援軍到着まで・・・

 

 

52時間!!

 

長すぎーーー!

 

援軍を待つしかないマイクは、砂漠のど真ん中で一人孤独な戦いが始まり

 

砂漠の変化する気温や、自然の猛威そして

 

自分自身の問題や過去の出来事が幻覚となってマイクに襲い掛かってくる!

が大まかなストーリー。

キャスト

 

主演は、「ローン・レンジャー」「コードネーム U.N.C.L.E」「君の名前で僕を読んで」

で注目されている

アーミー・ハマー

 

また出番は少ないですがヒロインのジェニー役は

 

「キング・アーサー」「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」の

アナベル・ウォーリス

 

スポッター役のトミーはイギリスの俳優で「WEEKEND」に出演している

トム・カレン

 

そしてマイクのお父ちゃん役は

ジェフ・ベル

 

色々と救いの手を出してくれるベルベル人は

クリント・ディアー

 

が主要人物ではないでしょうか!

 

私はあらすじや、キャストの情報を入れずに鑑賞したんですが

 

最初マイクを見たときは、

 

どっかで見たことあるな~ぐらいでしたし

 

なんせボウズ姿が、あの

ポール・ウォーカーにそっくりやな!と思いながらずっと観ていましたww

 

アーミーさんすみません・・・でもカッコいいからw

 

見どころとう~んな所

オレンジ色の夕焼けで1人の男性が後ろ姿で歩いている写真

見どころ

なんせ一歩も動けない状況でマイクを襲う多くの出来事!

 

  • 孤独との闘い
  • 一歩動けば死ぬ
  • 砂嵐 
  • 野生の動物
  • テロリストの追撃
  • 砂漠の環境
  • 水や食事の不足

 

これらの事を一人で乗り越えないといけないマイクを観ていると

 

生きようとする意志

 

が感じられます!

 

ハマったシーン

個人的にハマったシーンは、

 

早い段階で一人になってしまって、身動きがとれない状態での

砂嵐!!!

 

すごい風が吹いているので動けば一発アウトの中

 

マイクは絶望するわけでもなく、

 

持っている装備を活用し砂嵐を乗り越えようとする場面が好きです!

 

う~んな所

あまりネタバレも書きたくないですが

 

後半につれて過酷な環境で一人でいるせいか、マイクの精神状態がおかしくなってきて

 

その影響で色んな幻覚や幻聴が起こるんですが

 

もうそれが多すぎて、どれが現実でどれが幻覚なのか分からんくなるのが

 

地雷を踏んだというシチュエーションに、なんとも集中できなかった点ですねー。  

まぁ、自分と戦ってる証拠なんですが・・・

 

もう少し幻覚は少なめでも良かったんじゃないかなーっと

 

まとめ

シチュエーションスリラーで観たくなるストーリーですが

 

後半にかけてちょっと内容が薄くなった感じがして

 

さらに銃もそうですが、地雷にスポットを当てた映画なので

 

改めて地雷の怖さと、今も世界の各地に埋められている地雷はたくさんあって

もちろんその環境で生活している人も一杯いて

毎日「死」と隣り合わせで生きている現状をこの映画を通じて知ってもらうことができる作品になっています。

 

あと、アーミー・ハマーの軍人役は珍しく

しかもボウズ姿は、ポール・ウォーカーに似てるという事実も発覚ww

 

アーミーさんはクールな役は似合いますね!

 

では!

この記事を見て、少しでも参考になれば嬉しいです!

 

 

一歩踏み出して死ぬか、このまま死ぬか- 誰もいない、何もない砂漠で地雷を踏み、一歩も動けない状況に取り残された兵士救援までの52時間。アーミー・ハマー(「君の名前で僕を呼んで」)主演でおくる、極限のサバイバル・ワン・シチュエーション・スリラー誕生!

 

PS

鑑賞中ふと思ったんですが、圧力がかかってる方の靴に

慎重に脱いで(圧力が変化しないように)

砂漠やから、砂を入れて足と同じ重さになるようにして

脱出は出来なかったんやろか、と思ったのであったw

 

たぶん出来ませんw

 

映画紹介!
スポンサーリンク
シェアする
bokenasuをフォローする
ボケなすリバース

コメント

タイトルとURLをコピーしました