スポンサーリンク

【全編ワンカット撮影】映画1917 命をかけた伝令は必ず没入する!

戦場で一人の兵士が左を見ている写真 映画紹介!
スポンサーリンク

ようこそ!

 

さて今回ボケなすがご紹介する作品は~、

 

「1917 命をかけた伝令」です!

 

公開当時の宣伝は、「全編ワンカット撮影」でしたね!

 

でも実は、1発で全部撮影したんじゃなくワンカットに見えるように編集しているんです!

 

これから深掘りしていくので、良ければどうぞ最後までお付き合いください~

 

この記事はこんな人にオススメ!

 

 

  1. 何でもいいから映画に没入してみたい!
  2. ホンマに全編ワンカット撮影してるの!?
  3. この話は実話ってホンマ??
  4. バードマンみたいな撮影手法の作品が知りたい!

 

どうもボケなすです!  

いぜん某テーマパークのキャストとして、

映画業界で働いていた経験を活かして少し独自の偏見も入りますが、

映画関連の情報を変わった切り口で紹介するのと、

まだ観たことないあなたでも「観たくなった!!」と思ってもらえるような事を発信していきます!

 
結論!
 
戦争物の映画ですが、それほど衝撃的なシーンは少なく(死体などの場面はある)よくありがちな
防衛や進軍するような内容ではなく、味方に重要な伝令を伝えるシンプルなストーリーなので映画の世界に没入してみたい!実際に体験したい!と思っている人にオススメ!!
 
 

 

スポンサーリンク

1917 命をかけた伝令について

 

塹壕で二人の兵士が脇に立っている写真(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

 

日本では2020年に公開され、第一次世界大戦に参加した若き2人の兵士の1日を描いた作品になっています。

 

全編ワンカット撮影と宣伝もしていたので話題になっていましたが、実際にはいくつかのシーンを撮影した後にワンカットに見えるように編集されているんですね~

 

しかし、映像もそうですがストーリーもいわゆる”戦争物”映画では無くなっているので、「もっと映画に没入したい!」といった人にはおススメ作品!

(派手な戦闘シーンも少なく刺激が強い場面も他の戦争物と比べると少ないのもポイント!)

 

 

私が「1917 命をかけた伝令」を観たのは、アマゾンプライムビデオです!

⇩⇩⇩無料視聴期間もあるので是非気になる人はチェックしてみて下さい~!

Amazonプライムビデオはこちら(無料視聴あり)

 

1917 命をかけた伝令のあらすじ

 

二人の兵士が屈みながら歩いている写真(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

 

1917年4月6日、第一次世界大戦の真っただ中にあったヨーロッパ。まだ若いイギリス兵のブレイクとスコフィールドがエリンモア将軍に呼び出された所から物語は始まります。

 

本来は西部戦線にいるはずのドイツ軍の姿がなく、撤退していました。

 

しかしドイツ軍の撤退は、計画を伴う戦略的撤退でイギリス軍を迎え撃つ罠だと知る、

そんな罠とも知らずイギリス軍第2大隊約1600名の兵士が明日の朝に突撃を仕掛けようとしていた。

 

このまま突撃すれば、大虐殺が起きてしまうのでその攻撃作戦の中止を伝えなければなりません。

 

ところが、

電話線も敵によって全てが切られているため直接現地に行って作戦中止の伝令を伝えなければならない。

 

そこで、ブレイクとスコフィールドが危険な敵地を通り抜け現地の第2大隊に情報を伝える任務を命じられる。

作戦の時間が迫る中で、2人はドイツ軍が潜む戦場を進むのであった。

 

1917 命をかけた伝令のキャスト

 

Castと書かれた椅子のアップ

 

今作はイギリス軍を描いているので、出演する俳優さんはイギリスかイングランド出身が多いんですよ!

 

トム・ブレイク(ディーン・チャールズ・チャップマン)
ウィリアム・スコフィールド(ジョージ・マッケイ)
エリンモア将軍(コリン・ファース)
スミス大尉(マーク・ストロング)
ジョセフ・ブレイク(リチャード・マッデン)
レスリー中尉(アンドリュー・スコット)
マッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)
ラウリ(クレア・デュバーク)
サンダース軍曹(ダニエル・メイズ)

 

 

私が「1917 命をかけた伝令」を観たのは、アマゾンプライムビデオです!

⇩⇩⇩無料視聴期間もあるので是非気になる人はチェックしてみて下さい~!

Amazonプライムビデオはこちら(無料視聴あり)

 

1917 命をかけた伝令のちょいとトリビア

 

川の流木に兵士がしがみ付いている写真(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

 

この作品が注目されていた理由の一つが、「全編ワンカット撮影」

しかし舞台のように、ノンストップで撮影されたのではなく実は、

各シーンをそれぞれワンカットで撮影して全体の継ぎ目が少なくして1つの長回しに見せている。

 

常に主人公が移動するので、同じロケ地は2度出てこない。

 

作中に「無人地帯」と呼ばれる場所が登場するが、これは「誰もいない場所」ではなくホントの意味は「誰も生き残ることが出来ない殺戮地帯」の意味。

頭を出したとたんに敵の銃弾を食らってしまうからと(無数の砲弾のクレーターに腐敗した死体からの死臭と細菌が増殖している水たまりの感染症などの多くの危険がある)から

 

この物語は実話ではなく、

監督のサム・メンデスのおじいちゃんが上等兵として第一次世界大戦で経験した話や、

聞いた話を小さいころから聞かされていてそのエピソードを基に制作された。

 

また、1917年3月にドイツ軍がヒンデンブルグ線に戦略的撤退した実際の出来事も参考にしている。

 

基本的に登場人物(主要キャラ)は、移動しながら会話するシーンが多いが実は、

撮影スタッフは自然の野原や森林、塹壕など位置と距離を何か月も計測してその距離に合わせた台本を制作していた。

またこの事は俳優には知らされていなかった事実。

 

普通は台本に俳優が合わせるのにこの映画は逆なんだね!

 

マーク・ストロングとジョージ・マッケイが兵士が乗ったトラックを通り過ぎるシーンで、

マークが「タイミングよく僕のセリフを言いきることが出来たのは凄い偶然だね」と監督に言うと「全く偶然じゃないよ」と何ヵ月もの事前準備のことを話した。

 

1917 命をかけた伝令の見どころとうーんな所

 

戦場で兵士が走っている写真(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

 

1917の見どころその1 やっぱり凄い撮影方法

 

宣伝文句は、「全編ワンカット」ですが実際はいくつか撮影した長回しのカットを自然に繋ぎ合わせてるんですが、

それでもオープニングの塹壕のシーンから無人地帯までの場面はワンカットにしか見えない!って

クオリティで没入感ハンパないです!

過去の戦争映画の中では1番かも。

また若い兵士だけにスポットを当てているので余計なシーンもなく密着ドキュメンタリーみたいな感じもありますし!

 

1917の見どころその2 たった1日の出来事

 

この作品の時間軸は、たったの1日という短い時間に起こった出来事だということなんです!

更にオープニングからのめり込める緊張感と責任感の重さも体験できる映画!!

心身ともに傷つきながらも、100人近い仲間の為に戦場を走る孤独な兵士の物語を2時間ちょいによく凝縮できたなと感心しましたw

 

1917の見どころその3 チョイ役でも豪華な俳優陣

 

基本的にこの映画は、兵士2人を視点に描かれていますが同じイギリス軍の兵士には主役級ばかりの俳優さんが多い!しかも1度のシーンであとは出てこないパターンがほどんど(常に移動する作品のため)

コリン・ファースやベネディクト・カンバーバッチ、マーク・ストロングなど短い時間の出演なんで、贅沢な使い方やなぁ~と思ってしまいました!

なので是非見逃さないように!!

 

1917のう~んな所

 

途中、敵地で女性と赤ちゃんが登場するシーンがあるんですが、

主人公のスコフィールドを介抱して会話する場面があって戦争中なので仕方ないとは思うのですが、任務を果たすために置き去りにして去っていきます。

その後彼女たちがどうなったかも分からず、ただ作品の箸休めシーンになっていました。私の予想では2人の人生はその後短いんじゃないかな~っと思ってしまいますよね・・

これは「戦争とは、戦いに駆り出される兵士はもちろんですがありとあらゆる人に悪い影響を及ぼしている」と伝えているシーンでもあるんですが。

 

1917 命をかけた伝令 最後に

 

黄色い看板にEND

 

いかがでしたか?

ワンカットに見えるように撮影されているので、観ている私たちも最初から3人目の兵士として作品に没入してしまうでしょう!

フィクションとはいえ、おそらくですがこういった任務も過去の戦争にはいくつもあったんでしょうねぇ・・・

人知れず仲間を護るために、命をかけて戦場を走るのは並みの精神力じゃないですし。

 

改めて、戦争の愚かさと残酷さが描かれた作品でした。

 

クライマックスの戦場を疾走するシーンは、胸が熱くなりますよ!

 

では!

この記事を見て、少しでも参考になれば嬉しいです!

 

PS

「ゲーム・オブ・スローンズ」のロブが出演していたと知っていましたが、全くロブの面影がなかった・・・やっぱり役作りって凄いですねw

 

私が「1917 命をかけた伝令」を観たのは、アマゾンプライムビデオです!

⇩⇩⇩無料視聴期間もあるので是非気になる人はチェックしてみて下さい~!

Amazonプライムビデオはこちら(無料視聴あり)

映画紹介!
スポンサーリンク
シェアする
bokenasuをフォローする
ボケなすリバース

コメント

タイトルとURLをコピーしました