スポンサーリンク

【実話?】クロール凶暴領域!災害だけじゃない迫りくる恐怖!!

おススメ映画
スポンサーリンク

ようこそ!!

 

はい!今回ボケなすがご紹介する映画は~

 

「クロール 凶暴領域」

 

このタイトルだけだと、いったいどんな映画なのか分かりづらいですよねw

 

でも!

ポスターを見たら、どんな内容かはすぐに分かりますよ!

 

ハリケーンが直撃する映画ですが、そういった地域ではあるあるの内容みたいなので

日本人の私たちには、想像もできない環境でのサバイバル系の作品になっています!

 

この記事はこんな人にオススメ!

  • ハラハラ系の映画が観たい!!
  • アニマルパニック系のおススメ映画は?
  • ワニが出てくる映画は?

 

どうもボケなすです!  

いぜん某テーマパークのキャストとして、

映画業界で働いていた経験を活かして少し独自の偏見も入りますが、

映画関連の情報を変わった切り口で紹介するのと、

まだ観たことないあなたでも「観たくなった!!」と思ってもらえるような事を発信していきます!

 

結論!!

ハラハラ系や、アニマルパニック系が観たい人には是非おススメしたい作品になっています!!

始めはB級感ただようタイトルだったのでちょっと不安になりましたが(当たりハズレあるからw)

映像やストーリーもしっかり作られているので安心して観れますよ!

 

私が「クロール」を見たのは、アマゾンプライムです!

⇩⇩⇩無料視聴期間もあるので是非気になる人はチェックしてみて下さい~!

Amazonプライム会員

スポンサーリンク

クロール‐凶暴領域‐について

 

さて、

2019年に公開された今作は、

いわゆる災害アニマルパニック・サバイバル系の作品になっていて

 

今作では、

「アリゲーター」(ワニ)が登場!

 

ぱっと見、B級感があってさほど面白そうじゃなかったですが

想像してたよりも面白いですよ!

 

キャッチコピーは

思い出の我が家はヤツらテリトリー

 

 

ストーリーは?

 

舞台はアメリカのフロリダ州で大学生のヘイリーは、幼いころから水泳をしていて思うように結果が出せずにいました。

 

そんな中

カテゴリー5の最強クラスのハリケーンが近づいてる事と、お父さんのデイブと連絡が取れない事を姉から聞かされます。

 

もちろん連絡しても、安否が確認できないのでデイブの家に向かうヘイリー

飼い犬のシュガーは見つかるが父親の姿はなく、昔ヘイリ一家が住んでいた家に行くことに。

 

そこの地下室で重傷をおったデイブを発見し、助け出そうとしたとき巨大なアリゲーターが襲い掛かる!

ヘイリー親子はハリケーンが迫っている地下室で、少しずつ水かさが増してきていて更に凶暴なワニから生き残ることができるのか!?

 

ハリケーンとワニのダブルパンチ!!

キャスト

 

ヘイリー・ケラー(カヤ・スコデラリオ)
デイブ・ケラー(バリー・ペッパー)
ベス・ケラー(モーフィッド・クラーク)
ウェイン(ロス・アンダーソン)
ピート(ホセ・パルマ)
マーブ(ジョージ・ソムナー)
スタン(アンソン・ブーン)

 

「プラベートライアン」の無口だった狙撃手が、こんなオッちゃんになっていたのはビックリw

ちょいとトリビア

 

撮影時に一番大変だったのは実は水で、ほとんどのシーンで水を使っているため、

時間が経つにつれて壊れていくから、毎日修復してから撮影していた。

 

ワニがどんだけ巨大で、怖いかということを理解するために、

頭の模型だけじゃなく全身を見せて俳優の恐怖心を引き出していた。

 

今作の人間の立ち位置は、ワニの生息地の侵入者の設定になっている。

見どころとう~んな所

見どころその1 B級よりもリアルなワニ

メインはまずここですw

最初はB級な感じがしてましたが、とにかくワニの動きが細かに作られたCGになっているので、観ている観客の怖くなるように作られているんですね!

しかもよくある、レイク・プラジッド系の謎の生物とか、物語が始まっても全然出てこないストーリーじゃないからすぐにデカいワニに会えますしw

 

見どころその2 災害アニマル系やけど、フューマン系も

ハリケーンとワニのヤバい組み合わせなんですが、更に映画自体を深くさせてるのが

ケリー(娘)とデイブ(父)の関係性で、上手くいってない家庭環境と徐々にお互いを理解し絆を取り戻す様子も描かれているので、実は深い内容になっています!!

 

う~んな所その1 ワニの攻撃力

全編リアルなワニで描かれているんですが、ちょっと攻撃力が無さすぎかなぁと思いましたね。

こんなもんなんかぁ?

 

そう思ったのシーンは、

 

ワニが獲物を仕留めるときや食べやすく肉を引きちぎる為に、噛みついたまま体ごと回転するいわゆる、

デスロールが出てきて普通なら一撃必殺なはずなんですが、ケリーは腕も千切れず噛み傷のみだったので物足りない部分でしたねぇ。

 

普通は食いちぎられてるw

 

ちなみに、この地域のワニはアメリカアリゲーターで、大きさの最大は約6メートルにもなる種類で基本的には温和でおとなしいとされてるみたいですが、今作のは腹を空かせた個体ばかり出てきます。

・・・か・・自分のテリトリーに侵入してきたから攻撃してるだけなのか?

最後に

 

最初は、そんなに期待せずに観たんですが、思ったよりもハラハラしてアニマルパニックが好きな私は十分楽しめましたね!

アニマルパニック好きや、ハラハラ系が好きな方は是非!おススメしますよ!

 

実際にハリケーンが来る地域では、それによって動物が流れてくるのが珍しくなく、家に帰ったらリビングにいた!!なんて話が多いみたいです・・・(日本でよかったww)

 

私が日頃お世話になっているのは、無料視聴期間もあるので是非気になる人はチェックしてみて下さい~!⇩⇩⇩

Amazonプライム会員

 

では!

この記事を見て、少しでも参考になれば嬉しいです!

 

『ドント・ブリーズ』のサム・ライミが仕掛けるモンスターパニック! ワニ、大量発生! 開始10分で、心臓はすでに爆発寸前!!
おススメ映画
スポンサーリンク
シェアする
bokenasuをフォローする
ボケなすリバース

コメント

タイトルとURLをコピーしました