スポンサーリンク

【危機一発】ロシアより愛をこめて!スパイ映画の原点的作品!!

007
スポンサーリンク

ようこそ!!

 

 

はい!今回ボケなすが紹介する作品は、

スパイ映画の元祖とも言われていてシリーズの中でも特に人気の高い、

 

ロシアより愛をこめて

 

ケネディ大統領も愛読書の中の1冊にも入っているので、影響力の強さが分かりますね!

 

この記事はこんな人におすすめ!

 

  • ロシアより愛をこめてってフレーズはたまに聞くけどどんな作品?
  • スパイ映画の原点てき作品を知りたい!
  • これから007シリーズを観てみよっかな~

 

どうもボケなすです!  

いぜん某テーマパークのキャストとして、

映画業界で働いていた経験を活かして少し独自の偏見も入りますが、

映画関連の情報を変わった切り口で紹介するのと、

まだ観たことないあなたでも「観たくなった!!」と思ってもらえるような事を発信していきます!

スポンサーリンク

007 ロシアより愛をこめて

 

さてさて、日本では1964年に公開されていて、

 

「Dr.No」に続く第2作目の007シリーズになっています!

 

前作の「Dr.No」の記事はこちら⇩⇩⇩

【伝説の始まり】007記念すべき第1作目!ドクター・ノオの魅力!
人気作品の「007」シリーズの第1作目のDr・NOドクターノオについて紹介しています!誰でもわかりやすく解説していて気になる内容やちょっとしたトリビアなど。

 

興行収入も全世界で約85億円と爆裂ヒットを記録して、スパイ映画の傑作と呼ばれることも多い今作!

 

さらに、上映当初の邦題は「007 危機一発」で公開していたんですが、

私の意見では、なんだかパッとしないタイトルで公開したな~と思っていました・・・

しかし、リバイバル公開した1972年に正式に「007 ロシアより愛をこめて」に変更されています。

 

やっぱりこっちの方がなんかミステリアスな感じがして良いw

 

前作がヒットしたのもあって、

今回はよりスケールアップして製作されてるのと、スパイらしい演出も増えてるのも魅力なんです!

 

 

 

期待作のストーリーは?

 

舞台は「Dr.No」の半年後の物語、

前作で出会ったシルビア(カジノで一緒にポーカーをしていた女性)とバカンスを楽しんでいたボンドでしたが、

その裏で、ドクターノオの月ロケットの軌道妨害の計画を阻止したボンドに、ノオと同じ組織の「スペクター」が復讐しようとしていた。

 

っと、ようやくスペクターという組織が敵として出てくる作品になるわけですね!

 

そこでスペクターは、

ソ連から新型の暗号解読機「レクター」を盗み出す計画を考えて、ソ連の暗号部の女性職員と英国諜報部員のジェームズ・ボンドを利用することによって両国の関係も悪化させるというもの。

要するに、暗号解読機を入手してボンドを殺す一石三鳥のプランってわけです。

 

もちろんソ連と英国は、スペクターの存在は知られていない。

ちなみに「レクター」はMI6やCIAも以前から狙っていた代物です。

 

そこでさっきの、暗号部の女性職員であるタチアナ・ロマノヴァがレクターを盗み出し、

イギリスへ亡命させる護衛としてボンドが指名される訳なんです。(全てスペクターの計画ね)

 

出来すぎた話なんで罠と知りつつボンドは、タチアナのいるイスタンブールへ向かうのですがそこには、スペクターの殺し屋も待ち構えていた・・・っちゅう内容!

 

キャスト

 

この作品から、ようやくボンドが様になってきた感じがしますね!

 

ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)
タチアナ・ロマノヴァ(ダニエラ・ビアンキ)
ドナルド・レッド・グラント(ロバート・ショウ)
ローザ・クレッブ(ロッテ・レーニャ)
ケリム・ベイ(ペドロ・アルメンダリス)
M(バーナード・リー)
マネーペニー(ロイス・マクスウェル)
シルビア・トレンチ(ユーニス・ゲイソン)

 

ダニエラ・ビアンキは、ボンドガールの中でも絶大な人気でマリリン・モンローのような雰囲気が愛らしいのも魅力ですよ!

 

またロバート・ショウは無口な殺し屋を演じていましたが、話した時予想よりも声が高かったので最初は違和感あったのは私だけでしょうかw?

 

そして

ケリム・ベイ役のペドロ・アルメンダリスはこの作品を撮影中に体調を崩し、病院へ行ったところ末期のガンと診断されてしましました。

監督も撮影を中断するか迷っていたみたいなんですが、ペドロ本人がこの作品を完成させたいという気持ちと家族にお金を残したい気持ちも強かったため、痛みに耐えながら時には背中に支えを使ったりして撮影していたそうです。

その後痛みに耐えかねた彼は、自ら命をたってしまうので「ロシアより愛をこめて」が遺作となりました。

 
彼の渾身の演技も、是非観てほしいポイントの一つ!!

見どころとう~んな所

 

「ドクターノオ」よりもスケールアップしていて、前作のようにSF感がなくなっているので観てる人との距離がグッと近い内容になりました!

見どころその1 ボンドのアクションシーン

何といっても、ボンドのアクションシーンが増えたことが一番の魅力! 

 

  • ガンアクション
  • 格闘
  • ボートチェイス
  • ヘリとの戦闘

 

と、よく2時間ない作品でこれだけ盛り込めたなとw

この作品の9割は、ショーン・コネリー本人が全て撮影しているので緊迫感ある映像が多いです。

(スタントマンを使うと多少見劣りするので・・・)

 

見どころその2 多彩なアイテム

この作品からようやく、スパイ映画らしいアイテムがドバっと増えています!

 

特にボンドが、Q(装備担当官)に支給されたアタッシュケースには、

 

  • 銃弾が20発収納されている(カバンの端の方に)
  • サイドには投げナイフ(ボタンを押したら出てくる)
  • カバンの中には折りたたみ式のAR7型狙撃銃は収納
    (25口径で赤外線照準器付き)
  • 金貨が50枚
  • 催涙ガス
  • つまみを水平にしないと催涙ガスがでる仕組みのアタッシュケース

 

これだけの機能があるのに、ボンドは最初必要ないって言ってましたからねw 自分の力を過信していた証拠が見えます。

 

また、スペクター側では、

 

  • 靴の先端に仕込みナイフ(毒付き)
  • 腕時計に絞殺用のワイヤー(必殺仕事人みたいな)

 

ダークナイトのジョーカーも仕込み靴使っていたので、他の作品への影響はかなり高いです!

 

その他にも、盗聴検知器や2眼レフカメラに似せたテープレコーダーなど多くのアイテムが活躍する所も観ていてワクワク感ハンパない!

 

今思えば、スパイ映画アイテムの元祖的な作品になってますね!

 

うーんな所

 

これは、若い世代あるあるかもしれません現在の迫力ある音響に聞き慣れてしまっているので、

銃声や格闘の音は作り物っぽく感じてしまいますね。

でも、この世代に観た人はそれがリアルって感じるので、また違った印象が生まれるかもしれません。(私も、よりハマっていたと思う)

 

ちょいとトリビア

 

冒頭にあるチェス大会のシーンは、1960年のスパスキーVSブロンスタインのチェスの歴史に残る名勝負を再現していて、後半の指し手も同じ。

 

ボートチェイスは、ホンマは夜の予定だった。
(当時の撮影では、俳優の顔もうまく撮れずチェイスの緊迫感が無くなってしまうからじゃないかと勝手に予想w)

 

さらに、

そのボートチェイスのシーンを撮影している時、撮影用のヘリコプターが故障し海に墜落する事故が発生して、 
そこには監督とアートディレクター、カメラマンが乗っていたが窓ガラスを蹴破って脱出し、全員が軽いケガだけですんだ。

 

終盤のオリエント急行でのストーリーは、1950年に東側の諜報部員が米国大使館職員を列車内で殺害した実際の事件をモデルにしている。

最後に

 

前作よりも、迫力のあるアクションシーンやスパイならではのアイテム類も登場するので、

見どころがたくさん詰まっていて、ようやくこの作品からジェームズ・ボンド像が作られた感じがしますね!!

まさにスパイ映画の原点的な名作になっているので、CGやド迫力の映画を慣れてしまってる感が出てるなら、是非一度だまされたと思って観てください!

 

では!

この記事を見て、少しでも参考になれば嬉しいです!

 

PS

オープニングのタイトルバック(スタッフの名前と映画のタイトルが映る所)はメッチャ昭和の香りがプンプンしますが、今観返すとやっぱり響くものがありますね~

 

初代ジェームズ・ボンド、ショーン・コネリー主演作をセットにした6枚組ブルーレイで伝説のシリーズをコンプリート!
007
スポンサーリンク
シェアする
bokenasuをフォローする
ボケなすリバース

コメント

タイトルとURLをコピーしました