スポンサーリンク

【徹底解明】007とジェームズ・ボンドと誕生の物語を深ボリ!!

007ジェームズ・ボンドと黒文字で書かれているイラスト 007
スポンサーリンク

はいようこそ!

 

さて、オシャレにスーツを着こなして世界一有名なスパイと言えば?

ジェームズ・ボンド

ですよね!

 

今回は、そんな「ジェームズ・ボンド」について

あまり知られていないことや、詳しい設定などを

紹介していきますね!

 

どうもボケなすです!  

いぜん某テーマパークのキャストとして

映画業界で働いていた経験を活かして、少し独自の偏見も入りますが、

映画関連の情報を変わった切り口で紹介するのと

まだ観たことないあなたでも「観たくなった!!」

と思ってもらえるような事を発信していきます!

スポンサーリンク

そもそも映画「007」って?

タキシードを着たイギリス人男性の横顔

タイトルにもある「007」ってそもそもなんなん??

って思いませんか?

 

映画は知っているけど、詳しいことは分からないというあなたに

深ボリして説明しています。

007とは

 

イギリスMI6の白く大きな建物の写真

イギリスに拠点がある

 

秘密情報部(Secret Intelligence Service )

 

略称した名前は「SIS」

ミリタリー・インテリジェンス・セクションの略で「MI6」

と呼ぶことが一般的とされていて

⇧どっちかというと「MI6」のほうが聞いたことがあるのでは。  

 

そしてその中にある「00」(ダブルオー)セクションに在籍している

7番の番号を与えられたコードネームの意味。

 

作中でも工作員と呼ばれることがありますが

 

こちらも呼び方が古臭いでしカッコ悪いですねw・・・

 

そこでピッタリの呼び名は

 

スパイ!

 

ジェームズ・ボンドが主人公の

 

スパイアクション映画の呼び名なんですね!

 

007とMI6について深堀

銃口の先で人形が銃を構えているイラスト

 

先ほども言いましたが、イギリス秘密情報部MI6の

スパイとして活動しているジェームズ・ボンドの主な仕事とはいったい?

映画ではあまり語られることがなかった部分を紹介していきます!

最初から「00」のコードネームはもらえない?

ま、どの仕事にも研修や見習い期間があるように、ジェームズ・ボンドも

最初は「00」(ダブルオー)ではなかったんですよね。

気になるその達成条件は??

以外と思うかもしれないですが実は、

MI6がターゲットとされる人物2人を殺めることで

「00」のコードネームをもらうことが出来ちゃいます!

 

 

「スパイなんやから案外簡単じゃん!」

と思いませんでしたか?!

 

それが、そう簡単ではないのですよ~

 

ポイントはMI6が標的とした人物なので、

当然ながら一般人ではなく

国際テロリストや犯罪者などが主なターゲットになっています。

 

そう言うと難易度はグッと上がったはずッ!!

 

有名なシーンは「カジノ・ロワイヤル」の冒頭がそれにあたりますね!!

007の主な活動

秘密裏にイギリス国外の情報収集やその敵となる対象を排除することが

ジェームズ・ボンドの役割になっていて

その関係で敵と戦うことも多いので

任務を遂行している時にターゲットとなる人物を殺めても不問(許される)になる

殺しのライセンス」が与えられているのも特徴。

 

ただヤリすぎるのもあって、たまに上司の「M」とケンカはしているようですが・・・

 

なんで世界中飛び回って情報と敵の分析をしているんですね~

 

おしゃれスーツを着こなして、登場するシーンはカッコいいんですけど

実際にボンドのようなスパイになったとしたら

精神的な疲れもハンパなさそうですが・・・

ホンマにおる?

実は映画の設定ではなく、

MI6はイギリスに実際にあります!

 

そのMI6の存在にイギリス政府は1994年に公式に認めていて

昔から噂されていたことが事実だったことで話題になりました。

しかもまだ比較的最近なのでこれもビックリ!!

 

なので世界に広まったことで、

諜報部員やスパイの存在も認められたことになったわけなんですね!

 

さて主人公のジェームズ・ボンドという人物は架空のキャラクターなのですが

実際に「ジェームズ・ボンド」のモデルになった人物の一人は

 

ドゥシャン・ポポヴ」で

 

セルビア出身のスパイだと言われています。

 

彼も相当のプレイボーイだったんでしょうかねw

秘密情報部の規模とは?

さて世界中の情報を収集し工作している秘密情報部ですが

その規模もめっちゃデカくてセクションが「MI6」だけじゃありません!

そらそうかw!

確認されているだけでもMI1からMI19のセクションが存在していて

各セクションごとに活動内容も違っていました。

(現在はどれくらいあるのかは不明・・・)

 

「MI6」と同じぐらい有名なセクションは

 

「MI5」!

主な活動内容は⇩⇩⇩

  • MI5」・・・・国内の犯罪組織によるスパイ活動や破壊行動を無力化し政府の保護が目的
  • MI6」・・・・海外でテロリストやスパイ活動の無力化や世界経済、情報収集などして自国を保護が目的

のように各組織によって活動する内容が違ったりしています。

 

さらに私たちが知らないセクションも絶対ありそうですけどww

映画史に残るシリーズ

シリーズ化されている映画作品は山ほどありますよね?

ただ「007」は別格です!

 

しかもこれほど多くシリーズされている映画はなく

現在最新作を入れれば

 

なんと

 

25作目!!(ノー・タイム・トゥ・ダイ)

 

他のシリーズが可愛く見えますw

 

例えば

 

スタートレック・・・13作

マーベルは各ヒーロー単体では3部作がほとんど

スターウォーズもスピンオフを入れても・・・13作

ハリーポッター・・・8作(ファンタビ入れてない)

 

なのでどのシリーズも遠く及ばず

 

主演の俳優さんは変われど

 

「ジェームズ・ボンド」は不動の主役!

 

計6人のボンドが誕生してるので

好みがわかれるかもしれませんねw

シリーズ一覧をざっとご紹介

  1. 007 ドクタ・ノオ (1963)
  2. 007 ロシアより愛をこめて (1964)
  3. 007 ゴールド・フィンガー(1964)
  4. 007 サンダーボール作戦(1965)
  5.     007は2度死ぬ(1967)
  6.     女王陛下の007(1969)
  7. 007 ダイヤモンドは永遠に(1971)
  8. 007 死ぬのは奴らだ(1973)
  9. 007 黄金銃を持つ男(1974)
  10. 007 私を愛したスパイ(1977)
  11. 007 ムーンレイカー(1979)
  12. 007 ユア・アイズ・オンリー(1981)
  13. 007 オクトパシー(1983)
  14. 007 美しき獲物たち(1985)
  15. 007 リビング・デイライツ(1987)
  16. 007 消されたライセンス(1989)
  17. 007 ゴールデンアイ(1995)
  18. 007 トゥモロー・ネバー・ダイ(1997)
  19. 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999)
  20. 007 ダイ・アナザー・デイ・(2002)
  21. 007 カジノ・ロワイヤル(2006)
  22. 007 慰めの報酬(2008)
  23. 007 スカイフォール(2012)
  24. 007 スペクター(2015)
  25. 007 ノー・タイム・トゥ・ダイ(2020)

どうですか!?こんなに続いてるシリーズは他にないでしょ!?

 

この最新作で6代目ジェームズ・ボンドの

ダニエル・クレイグは最後みたいなのでほっんとに残念!!!

 

第1作『ドクター・ノオ』から『007 スペクター』までシリーズ全24作品を完全収録したブルーレイBOXが新登場!

始まりは小説

分厚い聖書を見開いている写真

 

どんな映画にも元となるものってありますよね?

ジェームズ・ボンドのモデルは先ほどいった「ドゥシャン・ポポヴ」ですが

実はもう一人生みの親がいます!!

 

その人物こそ!

 

「イアン・フレミング」

 

そう!

彼がいなかったら「007」は生まれてなかったんじゃないかな~と

ここからイアン・フレミングについて紹介していきます!

イアン・フレミングという人物

イアンはイギリス出身の小説家で「ジェームズ・ボンド」を作り出した張本人!

しかし実はそれ以前に!!

 

海外情報部とMI6に諜報員として所属!

 

そういった自分の経験をもとに

 

この「ジェームズ・ボンド」シリーズ12作品を長編小説として書きあげています!

 

56歳の若さで亡くなられていますが

今なお、絶大な人気がある「007」に大きな影響を与えているのは間違いないでしょう!

 

ジェームズ・ボンドのトリビア

 

映画本編だけでは、知ることのできない

ジェームズ・ボンドのトリビアを少し紹介していきます!

本来のボンドカー

ジェームズ・ボンドの車は、いわゆる「ボンドカー」と呼ばれ

映画が公開されるとあっという間に大人気になるほどですよねw

 

作中でも代表的なボンドカーと言えば、イギリスのメーカーの

 

アストンマーティン

 

モデルは「DB5」

 

アストンマーティンDB5のミニチュアフィギュア

 

ですよね??

 

しかし!!

 

原作では!

 

これまたイギリス王室御用達のメーカー

 

ベントレーがボンドの愛車なんですよ!

 

今となってはアストンマーティンの方がボンドってイメージしますよねw

 

しかも、この「アストンマーティン DB5」は

 

中古市場で最低でも5千万円からという

 

ドエライ高級車ですが

 

世界一有名なオークションの

 

「サザビーズ」

 

に出品されたDB5の落札価格はなんと!

 

6.7億円!

 

アストンマーティンとして新記録の価格で落札されたみたいですw

 

それにしても値段がぶっ飛んどる・・・

落札してもコレクションになりそうな感じだが、、、

好きなお酒は?

ボンドってなんでもいけそうなクチですが実は好みもハッキリしてるんです!

 

好きなお酒は、

 

シャンパンとマティーニ

 

よく映画の中でもマティーニを頼むシーンがありますよw

 

さらに、イギリスはアフタヌーンティーが有名な国ですが

 

ボンドは紅茶嫌いですw

 

その代わりにコーヒー好きって

 

なんとも普通の人って感じで親近感も感じてきますね~

まとめ

アストンマーティンの左側のヘッドランプのアップの写真

 

元MI6のスパイが自分の経験をもとに書いた小説が

超人気シリーズになって80年以上愛されることは誰も予想しなかったんじゃないでしょうか。

 

現在も新作が作られている中で今後もハマる人が増えること間違いなしw

 

「英国紳士」の言葉がピッタリな「ジェームズ・ボンド」は

最新作も公開され25作目に突入しています!

 

 

過去の作品も主演の俳優さんも違ったりするので同じ「ボンド」でも

しゃべり方やクセなど色々なので、

自分の推しボンドがいれば少し違和感あるかもですが

まだ見つかってない人は是非見つけてください!

 

きっと見つかりますよw

 

では!

この記事を読んで少しでも「007」に興味を持って

映画を観ていただければ嬉しいです!

 

PS

私が最初に「007」を知ったのは

小学校の頃に64(ニンテンドー64)のソフトゴールデンアイですw

学校が終わって友達みんなで撃ちまくって、その頃はまだ映像もキレイじゃなかったですが

指にマメができるほど遊びました!

 

ただ、私の推しボンドはダニエル・クレイグですw・・・

007
スポンサーリンク
シェアする
bokenasuをフォローする
ボケなすリバース

コメント

タイトルとURLをコピーしました